初めてのカモ猟

コガモ

11月15日、ついに猟期が始まった。
シカとイノシシは特例措置で11月1日からなのだが、カモやキジなどの鳥撃ちは通常通りの15日からだ。

私が所属している会では鳥撃ちは通常、夜明けから行う。
夜が明けてすぐは鳥の動きが活発ではなく、場所も特定しやすいのだ。
居そうな池をいくつも回る方法なら1日中できるが、昼間はシカの巻狩に行かなければならないので朝に行くことが多い。

朝の猟となると開始時間が重要になってくる。
暗いうちから集まり、日の出くらいには池に着く。

撃って良いのは日の出以降なので時間はしっかりチェックしておく。
天気予報の後で確認できる他、ハンターマップ(狩猟者必帯)にも書いてある。

2019年 11月 15日は、日の出:6時30分、日の入り:16時49分だ。
この時間の間は発砲可能な時間となる。

あくまで発砲する時間なので移動や準備は別にいつでもいい。
前夜に猟場に行って車で日の出を待っていてもいい。

夜明けは寒い。
昼間は動くと暑いくらいなのでそこまで防寒性は重視していないが、朝は暖かい格好が良い。

 

池をまわる

今回は3人組
湖面まで静かに近づき、丁度いい位置の人が覗き込んで撃つ。
あとの2人は飛んできたのを撃つというスタイル。

2箇所目の池でコガモを撃ち落とした。

持ち上げると柔らかく、そして温かい。
普段から馴染んでいる”買う肉”は例外なく冷たいが、こちらは違う。

当然のように買っている鶏肉も元は生きていた鳥だったのだと改めて実感できる。
こうした体験は読んだり聞いたり見たりでは決して実感できないだろう。
その後のものの見方が変わるきっかけかもしれない。

ちなみにコガモはその名の通り小さいカモだ。
マガモ、カルガモ、コガモの順に小さくなっていき、取れる肉も少なくなる。

人によってはマガモ(青首)しか撃たない。
私もその後はマガモとカルガモしか撃たなくなった。

 

撃ったあとの処理

鳥撃ちには獲った後の「腸抜き」と「羽むしり」が付き物だ。
どちらも早いほどやりやすい。

腸抜きは写真を撮れなかったのでまた後ほど。

羽はそのまま毟るだけだ。
猟場で撒き散らすのは良くないので穴をほったり葉っぱで埋めたり土嚢袋に入れる。

カモ 羽毛

細かいのはバーナーで焼いてもいいので芯がある羽をしっかり抜いていく。
調理用のピンセットも使いやすそうだ。

羽の処理が面倒で皮をめくって肉だけ取る人もいる。
しかし旨味(出汁)は皮から出るのでもったいない気もする。

調理方法は研究中なのでまたいつか紹介できればと思う。

以上

-狩猟
-, ,