狩猟のスタイルを考える

2019年3月10日

くくり罠

猟友会に見学に行ってみて大体のイメージが掴めてきた。
そこで、改めて自分がしたい猟法や猟の対象を考えることにした。

狩猟の方法で考える

日本で可能な狩猟の方法は大きく分けて4種類あり、それぞれ免許や必要な手続きも異なる。

銃猟

散弾銃、又はライフル銃を使用する方法。
個人で山に入る単独猟、グループで行う巻狩、鳥撃ち、罠の止めなど最も用途が多く、大~中型獣類、鳥類などの多様な猟に対応できる。

日本ではライフル銃の所持には散弾銃を10年間使用した実績が必要とされているため、まずは散弾銃を使用することになる。
ちなみに散弾銃であってもライフル銃に近い形状で1つの弾頭を発射できるものもある。

どちらも殺傷能力が高いため購入や所持には公安委員会の許可が必要となる。
講習、教習、許可申請など手続きも多く費用がかかる。
※欠格事項に該当すると許可は下りない。

 

空気銃猟

中~小型獣、中~小型鳥類の猟が可能。
鳥撃ちの場合は止まっているもののみ可能で、飛んでいる鳥は落とせない。
罠の止め撃ちもそこそこ大口径のハイパワー機でないと難しい。

複数人でゾロゾロ行くと気配が大きくなるため数人か単独での猟が多い。

エアガン(エアソフトガン)ではなく、狩猟用に作られたエアライフルのため購入や所持には公安委員会の許可が必要。
散弾銃よりは手続きが少なく比較的持ちやすい。

ちなみに威力は誰でも買えるエアガンが最大0.9J(ジュール)くらいで、空気銃は25~50Jくらい。

 

罠猟

獣類のみを獲ることができ、鳥類を捕ることはできない。
箱罠やくくり罠を使用することで大~小型獣類まで幅広く捕ることができる。
罠は買うこともできるが構造は単純なので自作する人も多い。

通常は生け捕りで、 殺す(止める)工程が必要になる。
撲殺したり、槍を使ったり、最近では電気を使用する方法も普及してきた。

※大きなイノシシの止め刺しは毎年怪我人が出ているので、なるべく銃を使用することが望ましい。

 

網猟

網は罠ではなく網猟免許が別に必要になる。
罠とは逆で鳥類のみを捕ることができる。

獲物の体内に弾が残らないため食用には非常に適している。
極めてマイナー。

 

獲物の種類で考える

日本では動物の種類ごとに狩猟の可否が決まっている。
令和元年は鳥類28種、獣類20種が認められており、年度単位で変更される場合がある。
※有害鳥獣駆除の場合はそれ以外の鳥獣も捕獲できる。

大型獣類

シカ、イノシシ、クマ

中~小型獣類

タヌキ、アライグマ、キツネ、ハクビシン、イタチ、テン など

中型鳥類

カモ、キジ、カラス、カワウ など

小型鳥類

ハト、ムクドリ、スズメ など

 

住んでいる地域に合った猟法

結局の所、これが最も重要だ。

私の場合はやや山寄りの地域に住んでおり、軽トラで山に通うことも出来る。
近隣に鹿や猪が生息しており、犬を使った巻狩も行われている。
鴨(かも)や雉(きじ)撃ちも時々行われているようだ。

くくり罠

その反面、中~小型獣や小型鳥類は狩猟の対象とする文化がほとんど無い。
ただし、アライグマやハクビシンだけは有害鳥獣駆除で獲ることがある。

幸いなことに地元の猟友会もグループで活動しており雰囲気が良く、獲物も多く、猟場にも恵まれている事から、まずは装薬銃(散弾銃)で大型獣を獲る」ことにした。

方針が固まったので免許や許可を取るべく行動を始めた。

 

次のお話し

-狩猟
-, , , , , , ,