BROWNING MAXUS ONE 開封と組み立て

2019年10月8日

BROWNING MAXUS ONE

最初の銃として選んだBROWNING MAXUS ONE(ブローニング マクサス ワン)
細部が気になる方向けに開封から組み立てまでを書いてみる。

梱包状態

ブローニング MAXUS

買ったときの付属品はこんな感じだ。

・銃本体
・専用ケース
・チョーク
・パッドスペーサー
・ストックスペーサー(詰め木)
・トリガーロック
・説明書・保証書など
・タグなど

 

銃本体

BROWNING MAXUS ONE

木目は当たり外れがあるようで購入した銃砲店の話によるとラワン(ベニア板調)のようなノッペリした物もあったらしい。
これは当たりな気がする。
左右対称の虎杢が大変美しくとても気に入っている。

杢目は好みが分かれるのでウッドストック(木銃床)モデルを買うなら必ず見ておくべきだ。
店に杢目を見たいと言えば大抵は写真を送ってくれるし、行って見てるなら違うものを商社から借りてくる事ができるようになっている。
銃床の交換はかなり高く付く。

ただ、サボット銃身(12万円)は専用の樹脂製先台しか使えないので、サボットでの使用もしたいならシンセティック一択となるのでご注意を。

 

専用ケース

どのモデルでもハードケースが付いてくる。

もしもストック(銃床)の調整をせずにそのまま使うならこの状態で猟場に持っていくことが出来る。
※組み立ててから公道を横切ったりするなら銃袋は必要

私の場合は写真を撮ってからベント(銃床の角度)を変えて銃床も延長しているのでケースに入れることは出来ない。
実際の猟では銃袋に入れており、射撃場には買ったときにおまけで貰ったセミハードケースに入れているのだ。

保管においてもケースごと入れることは出来ず、機関部のトリガーガード(用心金)にチェーンを通すことになるので、ケースの出番は全く無い。
なので私の場合はただの「付属品入れ」となっている。

何か用途が出来たらベースにでもしようか…。

 

交換チョーク

マクサス チョーク

・インプシリンダーチョーク(1/4)
・モデチョーク(2/4)
・インプモデチョーク(3/4)

ONEというグレードなので上記の3本が付いてくる。
1本は銃身に付いている。

上位のGrade3ならシリンダーやフルチョークなども付いているらしいが、インプシリンダーならスラッグとバックショットを混用しても問題ないので特に無くても良い気がする。
もしスキート射撃をしたかったらスキートチョーク(5000円くらい)を買うと良い。

 

パッドスペーサーとストックスペーサー

パッドスペーサーとストックスペーサー(詰め木)

パッドスペーサーとストックスペーサー(詰め木)を使うと銃床を自分の体に合わせて調節することが出来る。
パッドスペーサーを付けると銃全長が伸びるように思われているが、あれは木の部分の長さなので自由に変えて大丈夫だ。

体に合っていない銃は危険なので構えたりしながら違和感を探ると良いだろう。

 

トリガーロック

マクサス 木製ストック

※画像右下
これは日本では使わない。
スーパーや専門店で陳列するとき用の安全部品だ。

あえて使うとすれば射撃場くらいだろうか。

 

説明書・保証書など

マクサス 説明書

プリント品質は低いが日本語の説明書が付く。
1回読んでしまってある。

他にもタグやバレルシールが付いているが、これらは販促用品だ。

 

組み立て

散弾銃 分解・組み立て

基本的な構成部品は機関部・銃身・先台からなる。
MAXUSの場合は他の散弾銃と同じで工具無しで容易に分解・組み立てが可能だ。
慣れれば1分もかからない。

 

散弾銃の無見立て方法

まず銃身を機関部に差し込む。
この時、スライドを引いておくとスムーズに作業できる。

 

ショットガンの組み立て方

リブが機関部の上部とぴったり合わさるようにする。
差し込みが不十分だと先台がつかなくなる。

 

自動銃の組み立て

先台を銃身に沿わせて差し込み、機関部側に押さえながら金具をパチンと止める。

 

BROWNING MAXUS ONE

スライドを閉じれば完成だ。

 

保管時

この銃に限らず多くの自動銃でスライドレバーが外れるようになっている。
外すことでスライド(遊底)を容易に引けなくなる。

ガンロッカーでの保管時は先台を外して装弾ロッカーに入れるなどして盗難時の安全性を高めなければならないが、自動銃の場合はこの部品を抜くだけでいい。
そもそも先台を外すと持ち上げた時に銃身が抜けたり、先大自体が大きくて装弾ロッカーに入らないうことも起こるのだ。

 

散弾銃の保管方法

スライドレバーを外すと下のようになる。

 

この状態であれば直ちにスライドが引けなくなり、弾の装填とハンマーを起こす動作が出来なくなる。
なので安全であると言える。

 

外した部品はこんなのだ。
山で落とすと二度と帰ってこなくなる。

強く引かないと抜けないので落ちることはないが、付け忘れて山で気づくと取りに帰るしかなくなるので要注意だ。
荒い人だと釘や車のカギで何とかするようだが好ましい使い方ではない。

以上!

 

-狩猟
-, , , , , , ,