銃床の”シンセティック”とはなんなのか

2020年8月18日

銃のカタログなどを見ていると「シンセティックなのでガンガン使えます!」などと書かれていたりする。
最初の頃はイマイチ理解が出来なかったが、最近はよくわかってきた気がする。

シンセティック(synthetic)の意味

シンセティック(synthetic)の意味は「合成の」とか「人工的な」であり、銃の分野では「プラスチック製の」という意味になる。
プラスチックにもいろいろ種類があるが、総称してシンセティックと呼ばれている。

 

シンセティックストックの良いところ

当たり外れがない

大量生産が可能なので品質の安定性は高い。
節や木目が気に入らないということが無いので、通販で値段だけ見て買うこともできる。

傷が目立たない

黒い表面に多少の傷が入ってもあまり目立たないし、木のように凹むこともまず無い。
傷がつかないわけではないが材質によっては木よりも傷つきにくいのは確かだ。

水に強い

ウッドストック(木製銃床)の弱さの1つとして雨や汗が侵入し色むらや強度の低下の原因となることがある。
水が入ったままロッカーにしまっておくとカビの原因にもなる。
しかしシンセティックならそのような心配はない。

割れない

ウッドストックで特に破損が多いのが先台だ。
先台の構造上、薄く作らないといけない分割れやすい。

シンセティックであれば曲げに強いので割れることはまず無い。
1回割ったら次はシンセティックになんてパターンもある。

 

シンセティックストックの悪いところ

加工ができない

木と違って銃床の切り詰めや延長は出来ない。
そんな理由からクレー競技用の銃では一切採用されていない。
※ベント調整などは詰め木で対応できる。

オモチャっぽい

ここは完全に好みの問題だが、銃の形状によってはオモチャっぽい印象を受けることがある。

表面処理によってはベタつく事がある

モデルによっては表面加工が加水分解し、ベトつくことがある。
これはどうしようもないので交換するしか無い。

 

主な材質

メーカーごと、製品ごとに異なるが大きく分けて4種類ほどある。

ポリプロピレン系(PP)

表面は未塗装のつや消しで車のバンパーのような質感。
曲げに強い分硬くなく、若干柔らかく感じる。
割れることもなく、水気にも強い。

エンジニアリングプラスチック系(繊維強化熱可塑性樹脂)

軍用銃のグリップ等にもよく見られる材質で表面処理はない。
大部分がこの材質で作られた拳銃もあるほど強度が高い。
硬質で傷もつきにくい。

ポリプロピレン系の均一な表面とは異なり、いくらか繊維質な質感がある。

表面処理をしたもの(Dura touchなど)

質感向上のために上記の樹脂ストックに表面処理をしたもので、シットリしたつや消し黒のものが多い。
最初は良い質感だが数年で表面が加水分解してベトついてくることがある。
高温多湿な日本においてこれを防ぐ方法はない。

ラミネート加工が施されたもの

迷彩やカモフラージュ模様のラミネート加工(プリント)をしてあるものがある。
下の材質はよくわからないが質感からはエンプラのような印象を受ける。
こちらはほとんど劣化しないが、塗装面は1mmもないので移動時に擦れてハゲる事がある。

 

手入れ方法

共通する最重要ポイントは石油系溶剤が入っていないものを使用することだ。
石油系溶剤とはつまりシンナーのことで、プラスチックを溶かしたり、強度を下げてしまう。

ポリプロピレン系とエンジニアリングプラスチック系は水拭きを基本とし、それだけで良い。
どうしても艶を出したければ車のポリマーコートで拭いても良い。
アーマーオールやシリコンオイルが良いとも言われるが好みが分かれる。
個人的にはアーマーオールの匂いはくどいのでクレポリメイトが気に入っている。
※シリコンオイルには石油系溶剤が入っているものもあるので、「無溶剤」と書かれたものでなければならない。

表面処理をしたものは特に注意が必要で、下手なものを塗ると質感が一気に悪化する事がある。
掃除としては水拭きのみとし、拭いた後はよく乾かす。
それ以外のことはなるべくしないか慎重に進めるしか無い。

 

さいごに

材木資源の不足や形状の複雑化により、銃のモデルによってはシンセティックのみのものもあるほど広く普及している。
安いものという目線だけで見ずに、木にはない強さや安定感を理解して活かしていくといいだろう。

 

-狩猟
-, , , ,