サビナイフ3を買ってみた!【追記あり】

2019年10月28日

サビナイフ3

狩猟にナイフは必須だ。
色々見て良さそうなのがあったので買うことにした。

サビナイフとは?

H-1鋼という非常に錆びにくい鋼材使用した海でも使える心強いナイフだ。
血の付着で錆びるかもと考えてこれにした。

ハンドルとシースはガラス繊維強化ナイロンで出来ており、実用面はもちろんのこと消毒も可能で衛生的だ。
刃以外の金属パーツも全てステンレスというこだわりの品で日本のモノづくりの良さが伝わってくる。

サビナイフ3はサバキ4寸5分という規格で、ガットフック付きと無しがあったが今回は無いモデルにした。

 

よく見てみる

ナイフ本体と鞘というシンプルな構成。
出荷時点では刃付けはやや荒い。

サビナイフ ガットフック 無し

刃の銘などはレーザー刻印のようで彫り込みはない。
衛生面は問題なしだ。

商品説明ではロクに書かれていないが、鞘にベルト通しが付いているので腰に下げやすい。
下部をつまむと開くのでいちいちベルトを取らなくてもパチンと止まる。

この部品は上下と表裏の付け替えが可能だ。

サビナイフ ベルトに装着

グリップは握りやすい形状で設計されており、表面もマットな質感なので滑りにくい。
刃の元が突き出しているので研ぐのも簡単だ。

サビナイフ3

最初は手入れがロクにできないだろうということで手がかからなそうなこれにした。
現場で積極的に使って試していこうと思う。

 

追記:切れ味・実用性

実際の猟で30日程度使って、結局和製ナイフに戻ってしまった。

確かにものは良い。
サビは全く無い。

しかしどちらかというと腰に下げる物ではなく、まな板とセットにしておくような刃物だ。

鹿や猪の狩猟で使うには刃が薄くて短い。
したがって枝打ちや血抜きは難しい。

あと鞘がガラス繊維強化ナイロンなせいか、2~3回抜くと鞘と擦れて切れ味が落ちる。
これでは皮が剥げないのだ。

どちらかというと海で使うサバキ包丁だ。
磯釣りでも波止釣りでも活躍する気がする。

現在は登山好きの弟の料理包丁になっている。

以上!

 

-狩猟