初めての猟銃選び

2019年8月2日

ブローニング マクサス

射撃教習を修了するといよいよ銃の所持許可申請に移れる。
申請で最も重要なのは銃を決めることだ。

初心者向けの銃といえば12番の自動銃

地域や用途で変わってくるが一番幅広く使えるのが12番(12ゲージ)の自動銃だと言っても過言ではない。

自動銃というのはカタカナで言うところのセミ・オートマチックで、一発撃つと直ちに次弾が装填され、もう一度引き金を引くとまた撃てる銃だ。
日本の法律上は薬室1発+弾倉2発の3発まで連射できる。

12番という口径は直径になおすと約18.5mmで、世界で見ても散弾銃用としては最も普及している口径である。
カタカナでは12ゲージでどちらで呼んでも正しいが、日本では12番が一般的な呼びだ。
日本では一番大きな口径で、他にはひと回り小さな20番と、もっと小さな410番がある。

弾の種類が最も多く、チョークの交換だけで、シカでもイノシシでも、カモやキジ・ヤマドリでも、カワウやサルの駆除でも、さらにはクレー射撃までほぼ全てに対応できる。

とりあえず色々してみたかったので今回は「12番の自動銃」で探すことにした。

 

中古銃か新銃か

次に悩むところは中古銃か新銃かだ。

程度の良い中古銃があれば良いが、こればかりは運だ。
知り合いが手放すならそれを貰ってもいい。

新銃にしておけば間違いないが、山でぶつけたりすると凹む(銃床・精神共に)ので最初は慣れるために中古銃を選択するもの有りだ。

しかし、そもそも12番の自動銃は非常に使い勝手が良いので、よほどのことがない限り手放さない。
なのでロクな中古が無い。
ちなみに上下2連は新品同様の中古が出やすい。

よく使って、長く持ち続けそうなら新銃が良いだろう。
そんな考えから新銃を買う方針にした。

 

とりあえずネットで見る。

猟銃選びの参考になるサイトはいくつか有り、新銃なら「SPORTS GUN」がそこそこ参考になる。
他にも日本の銃器メーカーである「株式会社ミロク」や銃砲店のHPを見て回るのも良い。

その中で良さそうなものがあった。

ブローニング マクサスブローニングというブランドのマクサス(MAXUS)という散弾銃だ。
教習射撃はプラスチックパッドの上下2連で肩が痛くて仕方なかったので反動軽減に魅力を感じた。

そんなわけで、これをとりあえずの第一候補とした。

 

銃砲店に見に行ってみる。

私の場合は県内には銃砲店が1軒しかなく、見たい銃も無かったので隣県まで見に行った。

現物を見てるとシンセティック銃床がなんともオモチャっぽい。
木製銃床がなかったので試しに取り寄せてもらうことにした。
※銃の取り寄せは気軽に頼んで断っても問題ない。

シンセティックの銃床とはつまりはプラスチック製だ。
色は黒が多いが迷彩や白もある。

シンセティックの利点といえば「傷を気にせずに山で使える」とみんな言うが、傷がつかないわけではない。
硬いものが擦れると擦り傷ができるし、石に当てれば凹む。
木よりも優れている点は「割れない」ということだ。

黒いしエアガンぽいので一般人にはいくらか受け入れられやすいだろう。
農道付近で持っていてもエアガンで猿を追っているのと何ら変わらない。

いろいろ考えたが木銃床の現物を見て考えることにした。

 

1週間後

もらったカタログを眺めながら待っていると入荷したと連絡が入った。
ウキウキしながら見に行くとキレイな虎杢(とらもく)のMAXUS ONEがそこにあった。

木銃床の良さはその木の多様性にある。
多くの銃でクルミ(ウォルナット)が使用されており、高い銃ほど良い木目の材が使われている。
もちろん唯一無二だ。

MAXUSには当時4種類あり、

・MAXUS ONE COMPOSITE
・MAXUS ONE
・Maxus Premium GR.2
・Maxus Premium GR.3

のうち、COMPOSITE以外は木銃床だ。
銃を探す少し前にMaxus Premium GR.2は廃盤になってしまい、残りの3種類だけになった。
製造業目線で木の使用割合を考えると上位グレードが廃盤になると下位グレードにも良い木が行く。
そんな関係で良いのが回ってきたのかなと思えた。

・BROWNING MAXUS ONE

木の質感が良かったのでこれに決めた。

ここから先は銃砲店で異なるが、今回は譲渡承諾書を書いてもらった。
支払いは受け取りまでで良かったので、とりあえずまず書類だけ出し、チョークなどをどうするか考えながら手続きを進めることにした。

ちなみに他の店では20%程度の頭金を払い、許可が下りてから残額を払うパターンが多い。

【後日談】
2019年10月から消費税が増税になるのでそれまでに払った。
だいたいチョーク1本分くらい差額が出たので1本頼んだ。

 

おまけ

店の当たり外れもあるが何軒か回るとわかってくるだろう。
在庫銃も値段も店ごとに違う。

シンセティックなら安さを求めてネットで買っても失敗はない。
ミロクの元社員が経営している某所の銃砲店は最安価なのだが、今回は木が良かったので見送った。

安く買う方法としてはセールをチェックするのも良い。
知り合いは射撃場のバーゲンセールでかなりお得に購入していた。

ネットだと故障対応が~、と言われるかもしれないが新銃の散弾銃は普通壊れない。
初期不良は保証対応なのでどこで買っても同じだ。

 

次のお話し

-狩猟