狩猟向けの単眼鏡?「SIGHTRON M728」を購入

2019年12月28日

狩猟を始めて2ヶ月目
やっと良い単眼鏡が見つかったので買ってみた。

遠くが見たい!

猟に出ると動物の行動観察や罠の確認、あと湖面の水鳥を見る時に遠くて見えないことはよくあった。
しかし、この時点で私はまだスコープ付きの銃を持っていないので双眼鏡か単眼鏡がほしいと思って探していた。

スコープ付きの銃であっても車からサッと辺りを見回したりそのへんで不用意に構えることは出来ない。
双眼鏡だと少しかさばるので出来れば単眼鏡で…。
もちろん頑丈なのが…。
距離も測れたら…。

そしてようやく見つけたのがSIGHTRON(サイトロン)のM728という単眼鏡(モノキュラー)だ。

SIGHTRON(サイトロン)の単眼鏡 M728

 

自衛隊納入品とほぼ同等

サイトロンは日本のメーカーで、自衛隊向けにミルスペックの双眼鏡「TAC 36M」を納入している。
それを実質半分にしたのがこの「TAC M728」だ。

小さいながらも高い光学性能、耐衝撃性、防水性など過酷な環境での使用を想定しているため、山で落とそうが一緒に洗濯しようが問題ない。
半年ほど軽トラのラジエーターの上に引っかかっていたが問題なく使えるくらいだ。(下記事参照)

軍用というと語弊があるかもしれないが、そのような状況でも性能を発揮できる。
双眼鏡よりも単純な構造になるためこちらの方が丈夫かもしれないくらいだ。

 

スペック

光学:ダハプリズム
倍率:7倍
口径:28mm
重量:180g
材質:マグネシウム合金・ラバー
実視界:7.3°
明るさ:16

ニトロゲンガス充填
100/100レティクル(ミルスケール)入り

 

外観

全体がラバーで覆われており、衝撃にはかなり強い。
ぶつかった時に損傷しやすいところは分厚くなっているのでよく考えられている。

ミリタリーユーズであるため迷彩柄となっている。
山で落とすと悲惨なので要注意だ。

TAC M728専用ポーチの他にストラップも付いているが使わないので着けていない。
ポーチに入れて軽トラのドリンクホルダーに刺しているか、ポケットに入れる事が多いのだ。

絶対に落としたくないならストラップで首からかけるといいだろう。
ちなみにポーチはベルトに通すことも出来る。

倍率は固定なので可動部はピント調節だけだ。
程よい抵抗で回り、覗きながらでも動かしやすい。

SIGHTRON M728はメガネ対応の単眼鏡アイカップの部分を折り返すとアイリリーフを長くすることが出来る。
これは眼鏡の使用時を想定した工夫で、いちいちメガネを外す必要がなくなる。
※双眼鏡(TAC 36M)でも同じ構造になっている。

レンズは明るく解像度も充分だ。
価格帯が違うので当たり前だが、Kenkoの2000円くらいの物を覗くと違いがよく分かる。

 

レティクル

特殊な機能としてミルスケールというレティクル(十字)が入っている。
これは対象物までの距離やその大きさがわかるスグレモノなのだ。

ミルゲージの計算方法計算は使っていけば慣れる。
私は別の計算方法で計算しているが、慣れれば数秒で距離を言えるようになる。

例えばここに宿敵ニホンザルの写真がある。
スマホで無理やり撮っているのでブレとボケはあるが、これでも距離がわかる。

ニホンザル 有害鳥獣駆除

サルの体高で距離を計算する方法と、距離でサルの体高を計算する方法がある。

体高が50cmだとすると、0.5mx1000÷25ミル = 20mとなる。
距離が20mだとするとその逆の計算で0.5mという数字になるはずだ。

私は計算が大嫌いなので違う方法にしている。
10ミル分の長さ(cm)×100 = 距離

20cmくらいなら20m、超簡単だ。
測量ではないのでこれだけできれば充分だろう。
この方法はMRADのスコープの計算方法に近いかもしれない。

狩猟免許試験での距離の目測で使いたい気もするが、あれには別の解き方があるのでまたいつか紹介したい。

以上!

 

-狩猟