狩猟免許のとり方

2019年11月1日

日本で狩猟をするためには銃の許可証と免許が”それぞれ”必要になる。
春から同時進行で進めると冬の猟期に間に合う。

免許の種類

日本では狩猟免許は免許は銃猟免許、罠猟免許、網猟免許の3つに分けられており、それぞれ方法とその対象が異なる。
銃猟免許はさらに1種と2種があり、空気銃だけなのが2種だ。
表にするとこんな感じだ。

1種銃猟免許 2種銃猟免許 罠猟免許 網猟免許
方法 散弾銃
ライフル銃
空気銃
空気銃 わな
対象 鳥獣 鳥獣
人口

銃猟免許を持っているからと言って罠を使えるわけではないし、罠猟免許があるからと言って網が使えるわけではない。
猟師自体が絶滅危惧種だと言われているが、このなかでも網猟免許は本当に少なく真の絶滅危惧種だと言えるだろう。

空気銃は銃のカテゴリーなので鳥獣となっているが走っている鹿を撃てるほどの威力はない。

 

免許のとり方

県が行う狩猟免許試験に合格すると免許状が交付され、秋に狩猟者登録を行うと狩猟ができるようになる。
免許試験は各県猟友会が委託されている。

年に何度か試験があり、その年の猟期に間に合わせたければ秋までに結果が出る日程が良い。
しかし、もし秋に取ろうと思い立ったのなら最短の日程(秋出願・冬受験など)で受けたほうが慌ただしくないし、銃の申請も少しスムーズになる。

申請は各県の県事務所や猟友会で出来る。
猟友会に接点がない人のほうが多いはずなので県事務所に行く方が確実だろう。

 

勉強方法と予備講習

試験の約1週間前に予備講習がある。
これは試験を実施する各県の猟友会が主催するもので、試験内容は全てカバーできているので「講習を受けるとほぼ確実に試験に受かる」といえる。

この予備講習もあるので並程度の知能がある人なら講習前までに勉強する必要はない。
私もこの講習を受けて鳥獣の写真を1週間ながめていただけで1種と罠の両方を一発で取れた。
多くの県で講習費用の助成があるようなので受けておいて損はないだろう。

もちろん講習を受けずに受かる方法はちゃんとある。
しかし一番ネックなのは銃の取り扱いに関する実技問題だろう。

実技試験では銃の組み立てや点検などの実践的な問題が5項目ほどあり、すべてやり切らないと不合格になる。
試験では水平2連とポンプ式空気銃の無可動実銃が使用されるので、これらの取り扱い練習が難しいのだ。

エアガンやモデルガンで練習するにも丁度いい銃はなかなかない。
銃身、機関部、先台を分離できる事ができる古式な銃は今や売られていないのだ。
昔ので言えば中折式のデジコンターゲットハンターあたりが丁度いいのだが、オークション等でうっかり適法化前のを買ってしまうと銃刀法違反になりかねず、銃の所持許可に響いて元も子もない。

猟師の知り合いがいれば何とか練習できるのだろうが、そこまでするくらいなら講習を受けたほうがずっと確実だ。
中途半端な勉強法で落ちて半年~1年という時間を無駄にしなくても良い。

何度でも言うが予備講習をうけてから鳥獣の写真をながめるだけで受かれる。
それまでは勉強しなくていいし、参考書や教材はすべて不要だ。

現在の情勢として狩猟者は減少の一途で、あまり増えていない。
罠だけは増えているが年齢層は依然として高い。
なので試験は簡単でなければ下らない理由で諦める人が出てきてしまうので難しくできないのだ。

 

試験から免許申請まで

思い立ってから免許を手にするまでの具体的な流れとしては下のようになる。
参考に私の時の日程も書いてみる。

決起(3月)

受験申請(6月前半)

講習申請(6月後半)

講習受講(7月)
↓(翌週)
試験受験(7月)

発表(8月)

免許書受け取り(9月)

日程さえ合えばかなり手軽に取ることが出来る。
一般的な資格との違いは時間がかかることと、内容のレベルが高くなく簡単だということだ。

 

猟期前に狩猟登録を

免許があるだけでは狩猟はできない。
鳥獣は有限な資源であり、保護や調査が欠かせない。
そのため、狩猟税という税金を各県に納めて狩猟者として登録を受けなければならない。

登録も猟友会でできるが、所属しないで登録する方法もある。
損害保険をどこで入るかというだけの手間なのでその辺りは事情に合わせて考えていただきたい。

何も知らないなら猟友会でまとめるのが楽だ。

 

-狩猟
-, , ,