猟銃等講習会の受講申請へ

2019年3月31日

猟銃等取扱読本

日本で猟銃を持つためには公安委員会の許可が必要になる。
手順としては、講習 → 教習 → 許可申請となり、猟銃等講習会はその第一歩である。

どこの警察でも良いわけではなく、「住所地を管轄する警察署の生活安全課」に申請しなければならない。
近くの交番に持っていっても取り次いでくれたりはしない。

 

 

受講申請に必要なもの

①申請用紙
②写真
③手数料

の3つが必要だ。

申請用紙は窓口でもらえる。
規定のサイズの写真だけ撮って持っていけば申請することができるので、平日に何度も行くのが面倒なら先に写真だけ用意しておいたほうがいい。

 

写真の規格

「提出前6ヶ月以内に撮影した無帽、正面、上三分身、無背景の縦3.0センチメートル、横2.4センチメートルのもので、裏面に氏名及び撮影年月日を記載したもの」

一般的な運転免許証用と同じだ。
今後の各手続きでも必要になるので直前に撮っておくと良い。

 

手数料

初心者講習会は 6,900円の手数料が必要になる。
窓口で現金で払うのではなく、別の窓口で収入証紙を買って貼り付けなければならない。
※郵便局などで買える収入印紙ではない。

金額は年度が変われば変更になる可能性があるため、窓口で確認してから買いに行くと良い。

 

面談

申請に際して面談がある。
ある人は窓口で会話する程度だったり、ある人は取調室で詳しく聞かれたりと、周りの話を聞いていると対応がまちまちだが、このあたりは地域の治安や来た人の風貌などいろいろな要素があるので仕方がないことだ。

ただ一つ言えることは、
ちゃんとした理由や計画さえあれば全く問題ない。

「どうして持とうと思ったのですか?」という質問は必ずあるので、狩猟なら「狩猟のためです」と言えば良い。

それ以降は人によって変わるようで、なにを獲ろうと思っているのかや、猟師の知り合いの有無などを聞かれることがある。
猟師自体少ないので、もし身近にいなければ猟友会に入る予定だということにしても良い。

警察としては何に使うかよくわからない人に銃をもたせたくないし、持った後にしっかり運用できるかがわからないと許可を出したくないのだ。

 

私の場合は「何に使うのか、予定している猟場、何を獲るのか、一緒に行く予定の人や猟師の知り合いの有無」などの確認があった。

まず最初に猟友会に見学に行っておいたおかげで全てが具体的に決まっているので返答に困ることは何もなかった。
そんな経験からも事前の見学はオススメする。

 

猟銃等取扱読本をもらう

申請すると「猟銃等取扱読本」という本がもらえる。
講習で見ながら話を聞くのでわざわざ見る必要はないが、この先、銃を持つ上で必要な決まり事は全て書いてあるので無くしてはならない。

 

おまけ;講習の日程

余談だが受講申請の締切は講習日の1週間前までで、定員もある。
定員オーバーになる事はそんなに無いかもしれないが早めが良い。

日程は随時発表されるので「 ○○県 猟銃等講習会 」と検索するとすぐに見つかる。
平日か休日かは開催日ごとに変わるので都合のいい日に行きたいところだが、県によっては年2回くらいしか無いこともある。

猟期に間に合わせたいのならその年の一番最初(例:5月)に受けると猟期前(例:10月)くらいに持てる。

無事に申請できたので講習会の日を待つのみとなった。

 

次のお話し

-狩猟
-, , , , ,