火薬の譲受許可を申請する

2019年10月4日

銃の確認手続きが終わったのでついでに猟銃用火薬の譲受許可の申請もすることにした。
この申請は許可証さえあれば出来るので当日にしてしまうことが多いようだ。

猟銃用火薬譲受許可証とは

この許可証は銃の弾(実包)を銃砲火薬店や射撃場で購入するのに必要になる。
銃の許可証だけでは弾を買うことは出来ないのだ。

申請に必要なものは銃の所持許可証と申請料だけなので一番手軽な申請と言えるだろう。

しかし今日は銃の確認をしに行った日だったので銃がある。

銃を持って一般人が多く出入りする売りさばき所辺りをウロウロするのも危険ではないかと相談したら一時的に預かってくれることになった。
公安委員会による必要な処置ということで問題にはならないだろう。

 

申請書の書き方

用紙を窓口でもらって聞きながら書けるので難しい所はほとんど無いだろう。
唯一迷うのは消費計画書だと思う。

一般的な申請では800個申請することが多いそうだ。
これは自宅保管数量の上限であるが、一度に800個買うことはまず無い。

試しに射撃用を250個買うとわかるがコーヒー1ケース分くらいの箱でそれ以上に重い。
これが3ケースと少しなら持って帰るのは難しいだろう。
(そもそも先台やスライドの部品を入れるスペースが無くなってしまう。)

消費計画はあくまで計画なので大まかでいい。
例えば私の出した計画はこんな感じだ。

許可申請に係る種類の火薬類の消費(購入)計画
予定時期 予定数量 予定場所
令和元年10月 200個 京北綜合射撃場
令和元年11月 150個 滋賀県内
令和元年12月 150個 滋賀県内
令和2年1月 100個 滋賀県内
令和2年2月 100個 滋賀県内
令和2年3月 100個 滋賀県内
京北綜合射撃場

※滋賀県ではシカとイノシシ猟に限り猟期が3月15日まで延長されている。

数字の根拠を聞かれることはないが猟期とそれ以外の期間は分けなければならない。
狩猟であるかや有害鳥獣駆除であるかは書かなくても良い。

私の場合はしっかり練習しておきたかったので猟期前の10月を特に多めにしておいた。

これでようやく射撃場に行けるようになった。
あいにく猟友会の練習会は前の週に終わったので1人で行くことになった。

 

-狩猟
-, , ,