剣鉈を買った

2019年11月25日

剣鉈

大物猟を行うハンターにナイフは欠かせない。
獲物の血抜きや解体はもちろん、簡単な工作や自分に絡まった蔦を切ったりといろいろな場面で使うことになる。

剣鉈とは?

剣鉈(ケンナタ)とは一言で言えば先の尖ったナタだ。
地域ごとに多少違いがあるが、メジャーなのはこのような形状だ。

剣鉈 選び方

普通の鉈との違いの1つは先端の形状だ。
鉈だと先端が四角くなっているので「突き刺す」動作ができない。
これでは血抜きや皮剥ぎは不可能なのだ。

では普通のシースナイフはと言うと、軽すぎて振れず「薙ぐ(なぐ)」動作ができない。
結局のところ日本の山では剣鉈が使いやすいのだ。

ナタとのもう一つの違いは鍔(つば)の部分だ。
前述の突き刺す動作で指を切らないように鍔の部分がしっかりしている。

フクロナガサのように幅の広い刃で鍔としているものは重く、マキリのように鍔がなく同じ刃幅なら慣れてないと危なっかしい。
ただし、どれも特定の用途や使い方に特化しているので、使用するスタイルが合えば使いやすい刃物となる。

フクロナガサ(叉鬼山刀):大型のナイフであり重厚。柄が中空になっており槍にもなる。
マキリ:小型の刃物。鍔がなく刃の幅は柄と同じくらいであり、見た目は短刀に近い。
シースナイフ:洋風のナイフ。小型で軽いものが多い。

剣鉈はどちらかというと大物猟で活躍する。
例えば鳥撃ちなら細身のシースナイフが丁度いい。

 

トヨクニの剣鉈

剣鉈メーカーは何社かあるが、一番の有名所は「鍛冶屋 トヨクニ」だ。
形や長さのラインナップが豊富で、一定の質を保っている。
刃物の要となる鋼材についても白紙、青紙、青紙スーパー、ダマスカス、ステンレスなど、特性をよく理解して製作されている。

今回はこのトヨクニの剣鉈を注文することにした。

 

土佐鍛 古式精錬 狩猟刀 180

全長:325cm
刃長:180cm
刃厚:6mm
刃幅:34mm
鋼材:日立安来鋼青紙2号
仕上げ:鍛造黒・木鞘付き・両面匕入り

土佐鍛 古式精錬 狩猟刀180青2 両面ヒ入 樫柄木鞘(オイルステン) 革バンド

数ある中から私の欲しい構成に一番近かったのがこれだ。

鋼材は日立安来鋼青紙2号であり、硬いため研ぐのには若干の手間がかかるが切れ味の持ちが良い。

最も迷う刃長(刃渡り)は180mmとこの品では最短だが、手にすると十分な長さである。
血抜きと解体にはこれくらいが丁度いいし、もともと135mmでこなしてきたので不便さは感じない。

剣鉈の切っ先(ストレート型)

刃先は刀のようなストレート型
先端は山立てされており突き刺しやすくなっている。

剣鉈 山立て加工

両側に匕(ひ)が入っており、刺した時の血の抜けが良くなっている。

剣鉈 匕入り

鞘は今回は木鞘が標準となっていた。
人によっては木は「カタカタ」鳴るから駄目だとか、革は湿気で錆びるから駄目だとか色々言われている。
結局は自分で気に入ったものを使っていればいい。

剣鉈の木鞘

鞘の質感はそこそこ良い。
日本刀の鞘のように朴(ほう)の木が使われており、適度に柔らかいため刃に優しい。

剣鉈の柄

柄は樫で出来ており大変丈夫だ。
接合部の仕上げも美しく、端部が太いため握りやすい。

 

しかし…

私はこだわりが強い方だ。
道具については買ってから自分で修正することもある。

今回は商品画像には無かった「銘」が入っていたことが非常に気になった。

剣鉈

銘は映画のクレジットのようなもので、製品に対する責任の現れとも言える。
基本的には入っていて価値が保証されているようなものだ。

しかし私の場合はゴミが入る隙間だと思っている。

解体の時に油や汚れが入り込むと難儀するのだ。
研いだ後も同様で、匕のように拭うだけではキレイにならない。

トヨクニの銘は打刻なので深い。
頻繁に手入れするとなると毎回一手間余計にかかってしまう。

もちろん作者に対しては敬意を払っているし、嫌いなわけではない。
だからこそ削ったり溶接で埋めるわけにもいかないので、最初から入っていないのを探していたのだ。

商品画像には両面入っていなかったのでこれにしたのだが現物は違った。
他が完璧だっただけに残念だったが、そう伝えて返品した。

こうしたクレームが私だけでは無かったせいか、当時左のようになっていた商品画像は、現在は右のように銘入りと追記されている。

©トヨクニ

返品の際の対応などは丁寧であり、不満は一切ないので何一つ悪い印象は持っていない。
オーダーメイドも対応されているのでいずれは特注品を頼みたいとも思っている。

日本製の確かな質の逸品をお探しならぜひご検討を。

 

-狩猟, 雑記
-, , ,