銃砲店を訪ねて「原田銃砲火薬店」

2020年4月16日

出張や遠出する用事があると、ついでに近くの気になっている所に行きたくなるものだ。
私の場合は機会があったら行きたいと思っている狩猟関係の店がいくつかあり、今回は山口県の原田銃砲火薬店に行ってきた。

山口県周南市中心部からさらに田舎の方へ野山を超えながら向かった。
小さな町のようなとこに入り、広くはない路地をくねくね走ると「目的地に到着しました」とGoogleMAPに言われたが、イマイチどこかわからなかった。

周りを見回すとようやく原田銃砲火薬店の看板を発見した。
駐車場が見当たらず、路駐するにも交差点の手前で良くなかったため、すぐ近くの支所の駐車場に停めさせていただいた。

原田銃砲火薬店

原田銃砲火薬店  駐車場はない。

ドアを開けて「こんにちは」
「いらっしゃい」と店主が一言

そこからは銃の相談の話をしていた。

というのもここの店主は日本の銃器メーカー「SKB」「ミロク」の元スタッフだ。
スタッフとして10年、合計35年以上の経験がある専門知識を持った方だ。

なので、以前のミロクの謎銃(執筆中)やブローニングのマクサスについて詳しく聞きたかったのである。

ちなみに謎銃の方は確かにミロク製だが非常に古いようだった。
「私なら売らないか捨て値だね」と言われていた。

そして私が持っているブローニング・マクサスの令和元年時点の最安価店はここだ。
ここで買わなかったのは気に入った杢目の銃が先に見つかったためである。

この銃についてもハーフライフルを含む全てのバリエーションを販売されているので、地元の店よりはよほど参考になりそうだったのだ。

私が持っているのは「MAXUS ONE」というウッドストックの最下位グレードだ。
グレードなんてものは彫刻の違いでしかないので置いといて、ハーフライフル銃身がウッドストックに合うかや、なぜ専用の先台となっているかなどが知りたかったのだ。

結論として、
・ハーフライフル銃身は構造の違いで専用の樹脂製(シンセティック)先台しか使えない。
・そしてハーフライフル銃身(12万くらい)を買うよりもボルトやポンプ式を買ったほうが良さそう。
…となった。

ハーフライフル銃身は高い。
さらに銃身を変えたら銃床の調整も必要だ。
腑に落ちたので次に進める。

 

店の話に戻るが、過去には調整や改造だけでなく着色加工などもされていたらしい。
「ああしたい、こうしたい」という考えがあるなら一度足を運んでみると良いだろう。

店の雰囲気は良いし、ちゃんと知識がある。
銃の在庫もいろいろ揃っている。
ミロクのMSS20という20番のボルト銃があるのだがなかなかイケてた。

ミロク製の銃はここに聞くのが一番良さそうだ。

原田銃砲火薬店

 

あとがき

地図で検索しても店が確認できなかったり、空いているかよくわからない店がたまにある。
なので現地調査も兼ねて行ってみた店は紹介していきたい。

ルールは3つ

1.銃や猟具を見るという目的を持っていく。
2.一般客として行く。
3.防犯のため店内は写さない。

参考になるかわからないがとりあえずこれでやってみようと思う。

 

-雑記
-, , ,